小さな会社がやるべきはコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングのメリット

ユーザーに役立つコンテンツを適切なタイミングで発信することで、自社のターゲットに沿う見込み客を集めるコンテンツマーケティング。これにはコンテンツが蓄積していくことで、小さな会社にとって多くのメリットがあります。具体的には、

広告は出稿をやめた途端に効果がなくなるのに対し、ユーザーの普遍的な悩みや課題に応える良質のコンテンツは何年にもわたってユーザーを集め続けます。

実感としておわかりかもしれませんが、近年のユーザーは広告臭がするものを嫌います。多くの検索クエリーでは、自然検索結果のクリック率が広告を大きく上回っています。

ユーザーの検討度合いに応じ、役立つコンテンツを提供することは、Webサイトへの再訪問を促し、偶然の訪問者を有力な見込む客へと育てます。また、周辺の競合他社が広告しか行っていない場合には圧倒的な差別化にもつながります。

リスティング広告は手軽です。簡単に始められるということは簡単にクリック単価(CPC)が高騰する可能性を秘めています。すなわち予算の中でより高いコンバージョンを得られるキーワードは何か?を常に監視・分析することが求められます。コンテンツマーケティングにも効果検証や、それに応じたコンテンツの修正は必要ですが、コンテンツを内製する場合はコスト面の考慮は不要、パフォーマンスの検証スパンもゆったりとしたものです。

単一キーワードに焦点を当てたSEOや広告出稿では、検索ボリュームとクリック率からはじいた流入予測を大きく上回ることは難しいのではないでしょうか?現代のコンテンツマーケティングでは、キーワードではなく、その背後にあるユーザーの意図に焦点を当てます。結果、主たるテーマに近いキーワード、周辺キーワードも含めた多くの検索流入が生まれます。

コンテンツマーケティングのデメリット

コンテンツマーケティングのデメリットと書きましたが、コンテンツマーケティング自体にデメリットはありません。ただ小さな会社が持続的に行っていくうえで困難な部分、壁というべきものがいくつかあります。

この「時間」は効果が目に見えて現れるまでの時間です。ユーザーに評価される品質のWebページやブログだとしても、公開直後に大量のトラフィックが生まれることはまずなく、1カ月から2カ月、場合によってはさらに数か月かかる場合が多いでしょう。ただし、この問題はSNSや広告を併用することで解消できます。

中小企業の場合、専任のマーケティング部門がなく総務部門などが時々お知らせをWebサイト上にアップするのみというケースも多いでしょう。その場合、誰がコンテンツを作るのか、場合によっては面倒な作業の押し付け合いということもあるでしょう。ただ、この問題も一人や一部門で行う必要はありません。当番制などで分担すれば大きな負担になりません。

人手不足の折、社内ではどうしても制作工数を確保できない。そのような場合、アウトソーシングという手段があります。クラウドソーシングなど1文字1円以下で制作可能なサービスから、大手コンテンツ制作会社では1記事数万円~と価格はピンキリです。高価なサービスほど高品質な成果物ともいえないのが選択の難しいところですが、探せば費用と品質の釣り合う会社はあります。

内製でコンテンツ制作を行う場合、成果が現れる前に心が折れてしまうというのもよく聞く話です。たくさん制作すれば比例してトラフィックが増えるものでもありませんし、何もしないのに勝手にトラフィックが増えることもあります。こればかりはそんなものと割り切り書き続けるしかありません。たくさん打席に立つことでデータが増え、打てる球、打てない球、長打になるコースや打ち方が見えてきます。

何を書いたらいいのかわからない、ネタが切れたというのもコンテンツマーケティングを行ううえで普遍の悩みかもしれません。企業のファン作りや、売上に最終的につなげることが目的であれば、課題・悩みなどを直接ユーザーに聞いてみる。ユーザーが検索しそうなキーワード周辺の関連ワード、キーワードサジェストなどの調査ツールで、出てきた言葉の組み合わせからニーズを類推する。Twitterなどでタグるなど、テーマ探しの方法論はネット上でも多数公開されています。

コンテンツマーケティングの始め方やノウハウはすでにWebや書籍など多数のノウハウが公開されています。中にはコンテンツマーケティングとコンテンツSEOの混同や、コンバージョン(来店や問い合わせ)につながらないPVだけを追うものなど玉石混交なので、何を信じて始めるかが一番難しいところかもしれません。

自社で方針決定が難しい場合には外部の会社に相談するのも一つの手段です。選び方のポイントとして、費用感とともに実際に検索で集客できている会社なのか、SEMrushやUbersuggestなどのツールを使って確認するのもおすすめです。流入キーワードが社名のみ、トラフィックのほとんどが広告経由の場合、あまり効果は期待できないでしょう。

提供できるサービス

当社ではこれからコンテンツマーケティングを始めるお客様の負担を軽減し、早く最大の成果を生み出すために下記のサービスを提供しております。

コンテンツマーケティングのベースとなるコーポレートサイト、サービスサイト、オウンドメディアなどをWordpressやferret Oneで制作します。

ペルソナ、カスタマージャーニー設定とWebサイト運用後に追加していくべきコンテンツのすり合わせを行い、今後追加していくコンテンツの柱となるページを制作します。コンテンツの追加とともにユーザー、検索エンジンの双方から評価されるサイトになります。

自社でサイト制作を行うお客様向けにWordpress、ferret Oneの導入設定、教育を行います。